全種類試飲スタイルを取り入れた「Days Coffee Roaster」。

Days Coffee Roaster

白井 渉Wataru Shirai

1989年新潟市生まれ。飲食店などでの経験を経て、コーヒー卸業や自家焙煎、カフェ運営などを行うSUZUKI COFFEEへ入社。バリスタや焙煎士として腕を磨き、2021年に「Days Coffee Roaster」をオープン。

カウンターに並ぶコーヒーから、自分好みに出会える。

たくさんのコーヒーがお店のカウンターに並んでいますね。これは何のためのコーヒーなんですか?

白井さん:これ、試飲用のコーヒーなんですよ。例えば「ストロベリーみたいな酸味が特徴です」なんて言葉で言っても、どんな味なのか理解するのって難しいじゃないですか。だから「Days Coffee Roaster」では、実際に試飲してもらうことでそれぞれのコーヒー豆の違いを感じてもらって、自分の好みのコーヒーを買ってもらえるように、全種類、試飲スタイルを取り入れているんです。

これだけ並んでいるってことは、味の幅も広いのでは?

白井さん:そうですね。苦味とコクがしっかりとあるオーソドックスなものから、山椒みたいな味がするスパイシーなフレーバー、紅茶みたいなコーヒーまで、常時10種類以上あります。

じゃあ今まで知らなかったコーヒーとの出会いがありそうですね。

白井さん:「どんなコーヒーが好きですか?」って質問に、「酸味がなくて、濃いコーヒーが好き」と答えていた人も、実際にいろんな種類のコーヒーを試飲していくと、最終的には正反対のテイストを選ぶこともざらにありますね。

コーヒーに決まりはない。だから、自由に楽しんでもらいたい。

白井さんにとって、「美味しいコーヒー」とは?

白井さん:透き通ってクリーンな味わいなんだけど、しっかり産地特性や旨味、甘みを感じられて、「あれっ?」っていつのまにか飲み終わっている、そんなコーヒーが理想ですね。あとはワクワクさせてくれたら最高ですねっ。

そんなワクワクする最高のコーヒーを目指して、こだわっていることはありますか?

白井さん:コーヒー豆の個性やポテンシャルを最大限に引き出すために、それぞれのストライクゾーンを見極めて、「Days Coffee Roaster」らしいフレーバーになるように焙煎しています。例えばカッピングシートに書かれているのがストロベリーのフレーバーだとしても、うちではブルーベリーになるように焙煎度合いを落とし込むとか。

ふむふむ。それでは最後にコーヒー好きの人たちへ向けて、どのようにコーヒーを楽しんでもらいたいかメッセージをお願いします。

白井さん:コーヒーって、産地や農園、品種、焙煎度合い、淹れ方など、組み合わせが無限にあるんですよ。だからこそ、自分の好きを見つけてもらって、とにかく自由に楽しんでもらいたいと思っています。コーヒーは自由。枠に捕らわれずに、美味しく、楽しく、コーヒーカルチャーに触れてみてください。

Days Coffee Roaster

〒950-0943 新潟県新潟市中央区女池神明3-14-4 NEST女池神明104

050-8881-5130

【定休日】なし

【注文後リードタイム】15時までの注文で翌々営業日出荷