「ドリップバッグで淹れるコーヒー。」

今回はコーヒーの淹れ方のご紹介を。
コーヒーの器具は世界中で生み出されていますが、
この記事ではカリタの「かんたんドリップ」を使っていきます。
カップにフィルターを引っ掛けて使うだけのシンプルな淹れ方。
紙素材で全て作られてますので、淹れ終わったらそのまま捨てられる手軽さが魅力の一つ。
ドリップバッグはコーヒーのギフトや、コーヒーショップの味を手軽に楽しめることで良く見かける場面が多くなった淹れ方ではないでしょうか。
家庭や、職場、場所を選ばずに淹れることができ、
お好きな珈琲豆、お湯、ドリップバッグがあればどこでも楽しめます。
ドリッパーの購入に悩まれている方はとりあえずドリップバッグで淹れてみるのもおすすめです。

そんなドリップバッグで抽出する淹れ方はこちら

用意するもの
・珈琲豆(ペーパーフィルター用に挽いたもの) 10g
・お湯(90℃程度に冷ましたものが理想) 160〜180g
・かんたんドリップ 1枚
・お好きなカップ
・タイマーや計りがあると便利ですがなくても美味しく淹れられます。

淹れ方
①挽いた珈琲豆を、広げたドリップバッグに入れます。
②お湯を3回から4回に分けて注ぎます。
それぞれ30秒程度ずつ、間隔を空けて注ぐ。
この時、なるべく粉全体にお湯が回るように注ぐ。
③お湯が落ちきったら完成です。

使用しているかんたんドリップは無漂白のタイプですので若干の紙の匂いが気になることがあります。
お好みですが、お湯で軽く湯通しすると匂いを取り除けます。

また、珈琲の淹れ方で共通することとして、
・最初に珈琲豆をお湯で「蒸らす」ことでより成分を引き出しやすくする
・数回に分けて注ぐことでより成分を引き出す
といったポイントを押さえてもらうとより珈琲豆の味わいを楽しめます。

今回はかんたんドリップを使用しましたが、
他社製のドリップバッグでも同様の淹れ方で抽出ができます。
底の浅いカップやドリップバッグの大きさによっては、
コーヒーの粉が浸かってしまう場合もあります。
その場合は量は変えずに2分程度、浸して抽出する方法が望ましいです。

珈琲豆の量や種類、挽き方はそれぞれ違いますので、湯量などで調節してぜひお好みの味わいを狙ってみてください。

様々な淹れ方のある珈琲。
以降も器具などご紹介していきます。