おすすめコーヒー豆の選び方

国や精製方法、ブレンドかどうかなど、様々な種類のコーヒー豆。
その中で一体、好みのコーヒー豆はどう選びますか?

今や地域を問わず、チェーン店のコーヒー店や自家焙煎のこだわり派コーヒー店も増え選択肢が多くなりました。
では、実際店頭でお好みのコーヒー豆をどう選ぶか。
おすすめの選び方をご紹介します。

 

それは「色で選ぶ」ことです!

よく見る茶色いコーヒー豆は焙煎によって色付きます。
コーヒーの果実から摘出した「生豆(なままめ)」と呼ばれる種子を焙煎士が丁寧に火を入れていきます。
その工程で、ベージュ色の生豆はゆっくりと茶色く変化していきます。
焼けば焼くほどに色がつき、そのコーヒー豆はどう焙煎することが適切か。
焙煎士の腕が問われます!

コーヒーは元々果実。種子は果実由来の酸味を持っています。
焙煎の過程で色がつくにつれて徐々に酸味は薄れ、苦味が増していきます。
その為、

生豆に近い薄い色=酸味が強い
黒に近い茶色=苦味が強い

ということになります。

目が覚めるような苦味の強い味わいは濃い色のコーヒー豆を。
爽やかな酸味のある味わいは色の浅いコーヒー豆を。
バランスの取れた味わいはその中間の色で選ぶのがおすすめです。

まずはぜひ「コーヒー豆の色」で選んでみてください。